« 鯨海駆好①~特別任務~ | トップページ | 鯨海駆好③~うまうま…そして、お別れ~ »

2009年9月21日 (月)

鯨海駆好②~スイッチON~

9月14日・・・

大した疲れもなく7時に起床
昨日、深夜に着いたために、挨拶してなかった祖父に「ただいま」と挨拶します。
どんなに東京暮らしが長くても、この家にいた時間は短くても、ここは、私が生まれ育った(1年半ですが)家です。
挨拶はいつも「ただいま」です。

8時に出発。

土佐ICに向かいます。
インターを出て、左へ・・・
待ち合わせのモスバーガーが見えてきました。
店の前にあの美女が・・・うささんです。
挨拶をして、少し話をして出発。

横浪ラインを目指します。

実は、私、何度も高知には来ていますが、横浪ラインは初めてです。
中高速コーナーの続くヒルクライム・・・楽しい!!
四ッ輪いなくて、路面も荒れてません。
しかし、両側を木々に囲まれて、折角の海が見えません。
「このままかな~~?」と思ったとたん・・・
視界が開けました。

Dsc_9481_edited1 Dsc_9483 Dsc_9489_edited1

絶景!!関東近辺では見られない海の色です。
しばらく、写真を撮ったり、話をしたりして過ごします。

走り出して、今度はダウンヒルです。
これまた、楽しい!!肩の力が抜けて、うまくコーナリングできます。

しばらく走って、「道の駅 かわうその里 すさき」に到着。
ここで例のものを食します。

R0013502 R0013503_edited1

高知名物アイスクリンです。
これを食べないと高知に来た甲斐がありません。
少し休んで、去年見つけた絶景ポイントへ・・・

Dsc_9494 Dsc_9496 Dsc_9499

やっぱり海の色が違います。
ここでも少し写真を撮って・・・

R0013506_edited2

再び走りだしますが、途中、あまりにきれいだったので相棒を道端に止めて一枚。

今度は少しまとめて走って「道の駅 大正しょうわ」に・・・
ここはすぐに出発です。さすがに腹が減りました。
「道の駅 大正とおわ」に向かいます。

途中、向山沈下橋で撮影タイム。
ここは、去年のバイコレ「夏の風景とバイク」で写真を撮った場所です。
かなり急な、それも四ッ輪一台分の幅しかなく、所々ガレキの転がった坂道を下りていきます。

Dsc_9518

去年来て、一発で気に入った場所です。
ポスターなどでみる、いわゆる「四万十川の風景」とは少し違います。
どう違うか、は自分の目で確かめてください(笑

Dsc_9521_edited1

うささんにお願いして「アウトライダー」風(?)に一枚・・・

「道の駅 大正とおわ」に到着。
地鶏を使った親子丼を食します。

実は、ここを昼食場所に選んだのは、お目当てがあります。

R0012103_edited1

柚子アイスです。
うささんに「shingoさんのこと、言えませんね」と笑われてしまいました。
でも、おいしいんだもん(笑

そこから四万十の風景を楽しみながらゆっくり走って「勝間の沈下橋」へ・・・
ここまでくると、いわゆる「四万十川の風景」です。
うささんも「ここ、見た事あります」と仰ってます。

Dsc_9538_edited1

そう、ここは夕日の撮影スポットです
近くにカヌーの体験スクールもあるので、目にすることが多いと思います。

そして、最後になる「佐田の沈下橋」へ・・・
中村の市街地の近く、観光スポットにもなっていて、すごく有名な沈下橋ですが、国道から外れているので、案内の看板を見落とすと辿り着かないかもしれません。

Dsc_9546_edited1

川幅が広いため、橋も長く、途中に四ッ輪がすれ違いできる場所がありますが、そこでさえ、橋の幅が5m程しかなく・・・だいたい、欄干もないこの橋の上で、ハンドルを切るなんて、考えただけでも怖いです。

これから、楽しい夜の部がありますので、帰路につきます。
うささんに休みなしで行くことを断わって出発・・・
一時間ほど走ったところで、時間的に目途がついたのと、少し飽きたので「道の駅 あぐり窪川」で休憩。

再び、須崎を目指します。

突然、バックミラーがピカッと光りました。
パッシング?うささん?
よく見ると、うささんの後ろに四ッ輪のヘッドライトがぴったり張り付いてます。
もう一度、ピカッ!!
メーターは80km/h・・・制限速度は40km/h
決してスローペースではありません。
自分だけなら少しペースアップして走りますが、後ろにはうささんがいます。置いて行く訳には行きません。
スピードを落とし、うささんに合図をし、四ッ輪に抜くように右手で合図します。

四ッ輪がうささんを抜き、私の横に並び、前に入りました。

プ、プリウスだぁ~~!?

頭の中で「カチッ」と音がしました。

プリウスごときでパッシングくれるなんざ、不貞ぇ~野郎だ!!!
おし、どんだけ速いか、見てやろうじゃないか!!!

すでにプリウスは50m程先行しています。
4速にシフトダウン、少しラフにクラッチを繋いで、アクセルを開けます。
フロントの接地感が一瞬弱まり、次に蹴飛ばされたように加速・・・ぬわわkm/h
ギヤをかきあげ、今度は慎重に、でも素早くクラッチを繋ぎ加速・・・ぬふわkm/h
一瞬にして、プリウスのケツに張り付き、フルブレーキング・・・ぬわわkm/hでコーナーに突っ込みます。
立ち上がって加速・・・ぬふわkm/h
すぐ次の右コーナーが迫ります。
プリウスがブレーキング、私もすぐ後ろでお尻を少し右にずらして、左の内腿をタンクにあててブレーキング・・・倒しこもうとした瞬間!!
プリウスのテールが赤く光った。
そのまま、左の路肩に大きく膨らみながら、コーナーを抜けていきます。

静かにスイッチが戻りました。

50km/hまで落として、うささんを待ちます。
やりすぎました。反省です。
あれ以上、プレッシャーかけたら、まずかったかも・・・

その後、尊法ライダーにもどって須崎から高速で高知市内の宿へ・・・

さぁ、夜の部です。
叔母のやっている居酒屋へ・・・って、朝、出発した母の実家ですが・・・

R0012085

まずはビールで乾杯!!うまい!!

そして、私が日本で一番うまいと思っている叔母の「かつおのたたき」を頂きます。
今回は「塩たたき」、焙ったたたきに少し塩をふってあります。
それに更に粗塩を少しつけて頂きます。

Dvc00204_edited1

あったかいかつおの味が口の中に広がります。
「あったかい」んです。普通、お店で出される「かつおのたたき」は冷たい状態で出てきます。これは、臭みを誤魔化すためです。
今回のかつおは、朝、叔母が自分で市場に行って、仕入れてきてくれましたので新鮮そのものです。

Dvc00205_edited1

もう、お腹がいっぱい!!

楽しかった~~!!おいしかった~~!!

明日は、讃岐うどんです。食ってばっかりだな(笑

本日の走行距離・・・324.2km

|

« 鯨海駆好①~特別任務~ | トップページ | 鯨海駆好③~うまうま…そして、お別れ~ »

CB1300SF」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

Papaさん、こんばんは。

こちら(東京)とそちら(四国)では過ぎ行く時間が違いますね。 まさにONとOFF。

2人旅も楽しそうですし。ビールがキンキン?ギンギン?たまりません。
叔母様の手料理で運転中の緊張感も一気にリラックスして・・・。(笑)
旅はいいもんですね!

投稿: KON | 2009年9月23日 (水) 22時58分

遅コメですいません。
いや~Papaさんのライテクに脱帽です。
私もそんなライテク持ってたらな・・・(泣)
いつか一緒に走ることがあったらお手柔らかにお願いしますね(^人^)オ・ネ・ガ・イ

投稿: Mr.T | 2009年9月28日 (月) 18時39分

■KONさん
せっかく、OFFを楽しんでたのに、プリウスの野郎がスイッチ入れやがったんで、もう少しで理性がぶっ飛ぶところでした。
>キンキン…
これ、ジョッキに霧吹きで水かけて、凍らすんですよ。
これで呑むとむっちゃくちゃうまいです。

■Mr.Tさん
ライテクって程のもんじゃないですよ。
ちょっと、理性が飛んだだけですから…
私は、ぬうわkm/hで四ッ輪のケツ、1m以内につけて、パッシングする人を知ってます。タンクに私の相棒と同じ色を使ったSB乗りの方です。

投稿: Papa | 2009年10月 1日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235832/31468986

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨海駆好②~スイッチON~:

« 鯨海駆好①~特別任務~ | トップページ | 鯨海駆好③~うまうま…そして、お別れ~ »