« 女神に会いに・・・リベンジ編 | トップページ | ラストラン »

2012年12月 9日 (日)

充電ツーリング

ここんところ、ずっとモヤモヤ続きだったんでちょっと走ってきました。

Papa(親)としての足枷が幅を効かしているこの頃・・・
この日も午後から息子の三者面談があるため、許されるのは午前中から昼過ぎの僅かな時間。

子ども達の「行ってきま~す」の声に起こされた。
寝床から手を伸ばし、カーテンの裾をつまみ上げる。
片目だけ開けて見上げた空は雲一つない真っ青な空だった。

こんな空を見て、走りに行かないオートバイ乗りがいたら会ってみたい。(実際は、行きたくても行けない現実があったりするんだろうが)

多摩川沿いを走る。
右手を少し捻る。相棒が少し速度を上げる。
少し右のステップに重心をかける。相棒が少し傾き、つられたフロントが右を向き、緩やかな円を描きコーナーを抜けていく。
俺以上でも俺以下でもない。俺のままに相棒が走る。

橋を渡るとき上流の川面の上に富士山が見えた。
「そう言えば、江ノ島から見る富士も綺麗なんだよな」
そう思った15分後、第三京浜に乗り、さらに数分後には保土ヶ谷PAで熱いコーヒーを飲んでいた。

横浜新道に入り、R1に下りる。
原宿交差点のアンダーパスを通るとき、ここ数ヶ月連絡が取れない大切な友人の顔が頭を過ぎる。
彼は元気にしているのだろうか?

そのまま茅ヶ崎まで走る。
防風林が途切れると海と、橋で繋がれた江ノ島が見える。

七里ヶ浜のPAでエンジンを切った。

12_12_05_5402_edited1

防波壁に腰掛け海を眺める。

あまり綺麗とは言えないくすんだ青色をした海。
初めて原付免許を取って、仲間とツーリングに出掛けたのがこの江ノ島だった。
高校時代、女子大生のお姉さんに波乗りに連れてきてもらったのも江ノ島。二年付き合った彼女と別れたのも江ノ島。
かみさんとの初デートも江ノ島だった。

一時期、真面目に江ノ島に住みたいと思ったこともあった。
オートバイに乗って、波に乗って・・・たまにおん○のこに乗って(笑)

そして、七年前の事故の後、リハビリや周りの反対を乗り越えて、やっとW400を手に入れ、初めてツーリングに来たのが江ノ島。
あの時は、鎌倉から海沿いに出て、江ノ島が見えたとき、目に入るものの輪郭がはっきりしなくなったのを覚えてる。

そんなことをぼーっと考えてるうちに30分が過ぎ、足枷が気になりだした。

相棒に火を入れ、来た道を引き返す。
メットのスピーカーからサザンの『C調言葉に御用心』が流れる。
未練を振り切るために、右手を大きく捻った。

|

« 女神に会いに・・・リベンジ編 | トップページ | ラストラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235832/48136546

この記事へのトラックバック一覧です: 充電ツーリング:

« 女神に会いに・・・リベンジ編 | トップページ | ラストラン »